自家採種の勉強会。

今日は固定種種取りの勉強会でした。

固定種についてはこちら

吉賀町で行われていた有機農業塾でお世話になったMOA自然農法の土居さんのいる事務所にまずは伺いました。

2015/03/img_0196.jpg

ここでは共同出荷しているとのこと。
共同出荷って…それぞれ個性を持つ農家さんをどうまとめられるんだろう…

自分の町に置き換えると相当まとめ役が大変だと思うのですが、ここでは自主的に運営されており、トラブルも目立ってないとのことでした。

2015/03/img_0210.jpg

5年目の農家さんのところでは堆肥づくりを見学。
現在稲わらのみで発酵させて堆肥を作ってみているそうで、出来の良し悪しをまた完成したら見に行きたいなと思ったのでした。

さて、お次は何回目かの広島ジーンバンク。

2015/03/img_0216.jpg

”野菜の種はこう採ろう”の船越さん

にお話を聞き、圃場見学をしました。

2015/03/img_0219.jpg

ああ〜、キャベツがまいてる!
と、船越さん。

里山農園では、種取り用のキャベツはトウ立ちしやすいように植え時期を遅らせて栽培しています。

それで良いみたいでした。

今年も種を採っていて、
レタスなどの小さ〜な種のよりかたや、
独自に作っていた種取りネットがこれでいいのか?など、

普段疑問に思っていたことや、
今までやってきたことを更に精度を深めるとても良いお話を聞くことができました。

今回はお世話になったお礼に、
お隣の集落で三世代に渡り種を継いできたというお蕎麦の種を
またこちらで栽培して種を採って2年目の種をお渡しして帰りました。

人間もそうですが、遺伝子って面白いですよね。
私は毎年子育ての気持ちで野菜を作ってその子の種を残してまたその種で…

という風にお野菜やお米を作っています。

と、知識には全く自信は無いのですが感じたままを綴ってみました。

大学で学ぶより
実践しながら学ぶ方が格段に自分の身となりますね…!

種取りセットは4月のアースデイで販売する予定です。

来週は野口種苗の野口さんのお話です。

広告
この投稿は2015年3月11日10:48 PMに公開され、未分類 カテゴリーに分類されています。 パーマリンクをブックマーク この投稿へのコメントを RSS フィードで購読できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。